東の国から

ツイッター https://twitter.com/fujisav00

AFマジェスペクター

 

どうもはくたくです

 

今日はAFマジェスペクターを組んでみようと思い、組みました

 なぜ最初からAFまで入れると決めていたかというと、むしろAFが環境に刺さっているんじゃないかと思って、前から使いたかったマジェスペクターと組み合わせてみました

まあAFというよりデスサイズなんですけどね

 f:id:fujisaz00:20150818014854j:plain

 とりあえずこんな感じに落ち着きました

 

デスサイズ2オッP2ですが、デスサイズ1オッP3でも悪くはありません

初手でオッPを引く確率と、長期戦でのデスサイズ2体目の選択肢及びオッP事故を天秤にかけた結果、この枚数になってます

 

基本戦術は、序盤はアドバンテージを失わないようにサーチとエクストラ肥やしをしていきます

AFは序盤での相手のラッシュでペースを奪われるのを阻止するのに使います

基本的に、ある程度のエクストラとハンドアドバンテージを稼げていれば、相手の場に複数大型が立っていても、対象耐性もちでなければ簡単に処理することができます

中盤以降はガンガンペンデュラムで展開しつつ、サーチした除去札で相手の大型を処理しながらビートダウンしていきます

 

使っていて思ったのは、中盤以降は、本当に詰めの場面以外ではインフィニティを出せる場面でも、場にマジェを三体残しておくほうが返しが効いて強いと思いました

なので、ひたすら下級で殴って8000削り取ることも多々ありました

むしろそれが一番多いかも

あとは、他のAF混合デッキと比べ、切り返し性能がずいぶん高いので、ムーブメントのバトルフェイズスキップが本当に強く感じられました

 

このデッキを使う上で注意して欲しい事は、使うカードの順番です

ラスターPからエクストラを肥やしながらサーチするときは、たとえば、ラクーンと一緒に引いた場合は、ラクーンからサーチしたフォックスかキャットにラスターPを使ってあげると、サーチしてきたキャット(フォックス)をそのまま張って、エクストラに送ったキャット(フォックス)を場に出して効果を使うことができます

ラクーンを張ってそのまま割ってしまうと、スケールの関係でエクストラからは何も出せずに終わってしまうので、無駄があります

 

 

使ってみての全体的な感想ですが、序盤は本当に出来ることが決まっていてかつ少ないので、若干退屈ですね

あとは、ペンデュラムの仕様上安易にエクシーズしてしまうとペンデュラムの強みが損なわれてしまうので、下級が並びっぱなしで味気ないところもありました

けど、ある程度場が整った後の圧殺力は凄まじく、序盤によっぽど押し切られなければ、一気にペースを持って行って勝ってしまうので、抜けられない楽しさがありました

 

それでは今日はこの辺でノシ