東の国から

ツイッター https://twitter.com/fujisav00

初めまして

どうもこんにちは 

はくたくと名乗っている者です

名乗りはちょくちょく変ってますが、基本これで認識いただけたら幸いです

 

好きなものはポケモン、東方、遊戯王、パズドラ、スマブラ、モンハン、SCP、クトゥルフ、マイクラetc

で、この辺を記事にすることになると思います

 

何かこれといった目的があって開設したわけではないので、おかしな記事や間の開いた更新になるかと思いますが、どうぞよしなに

 

twitter ID @fujisav00

【マスター10連勝】イキスギドラゴン2017 【ネタ】

どうもはくたくです

先日実装された神々の騒乱のカードを取り入れたドラゴンでランクマッチに潜ってみました

 

構築はこちらです

f:id:fujisaz00:20170404010324j:plain

 

......イキスギィ!!

重さ、レア度共に最高クラスの構築でまさしく神々の騒乱といったレシピになっています

こんなデッキで回るのかよって思うかもしれませんが回ります

最強です

どれくらい最強かというと連勝止められたのがドラゴンミラーってくらい最強です

f:id:fujisaz00:20170404010628j:plain

 

ざっくり各カードの紹介です

 

・ユニコ

つよい。 アグロメタ

 

託宣

つよい。 回復ソースが増えたので2t目に撃っても押し切られにくくなった

 

サラブレ

つよい。 攻めも守りも自由自在

 

・グリームニル

つよい。 同上 あと声が面白いらしいが音切ってるので良く知らない

 

・プリズンドラゴン

そんなにつよくない。 でもまあつよい

 

・ラハブ

つよい。 託宣からのこいつだったり、pp多い状態でのポン置きだったりと用途は広い

 

・巫女

つよい。 もうなにからなにまでつよい アグロ相手に先攻ならキープするレベル

 

・闘気

そんなにつよくない。 でもまあ余裕ある時はつよい

 

サハクィエル

つよい。 ルシで回復、イスラで一掃、バハで殴り潰し、ゼウスで顔面とやりたい放題

 

ルシフェル

ふつう。 アグロに対して盤面取れたらポン置きしたりする

 

ウロボロス

つよい。 有利とって置いてるだけでゲーム終わるまである

 

イスラーフィール

つよい。 進化権残してこいつまで耐えたらヤバみ

 

・バハムート

つよい。 ドラゴンミラーはこいつの枚数で決まる

 

・ゼウス

つよい。 器用貧乏ではある

 

ジェネシス

つよい。 こいつがいないとイージスとかがきつい

 

 

総評

最強である

サンムーンのレート差マッチングについて俯瞰してみる

どうもはくたくです。

みなさんシーズン1はお疲れ様でした。

僕は最高1977で実にまあまあという結果でしたが、みなさんはいかがでしたでしょうか。

さて、今回の記事では、twitterで阿鼻叫喚が散見されたレート差マッチについて少し考えてみたいと思います。

(以下文体が変わります)

 

レート差マッチングとは?

レート差マッチとは名の通り、自分より格下、ないしは格上とマッチングすることである。

今回問題として取り上げるのは、6世代の頃と比べて、上位陣が200、300下と当たる事がかなり多くなったからである。

(ただしここでの上位とは2100↑などではなく、あくまで一般的に見て上位にあたる1800↑程度)

 

レート差マッチングの問題点

レート差マッチにおいて問題とされる点を改めて洗い出して箇条書きにしてみると、

 

1. 格下とマッチングしやすい上位では、レートを維持するための勝率がとても高くなる

2. 格下のびっくりポケモンによって被る被害がとても大きい

(3.) 上記より、神経がすり減る

 

が主であると考えられる。

これらの要素をそれぞれ、レーティングというシステムを踏まえて、客観的に見ていこうと思う。

 

各要素の考察

まず3は客観的と銘打っているのでいきなり切り捨てる。

敢えて理由を述べるとしたら、レートやレート差とはその数字にやりとりによってうしろからついてくるだけであって、対戦で 相手のレートに関わりなく勝ちにいくということは変わらないからである。

 

次に1である。

6世代においては同格に対して一定の勝率を収め続ければレートはどんどん上がっていった。

対して7世代では、同格に対する勝率よりも、格下に対する勝率が重視される。

つまりここでの問題は、「同格に対してある程度の勝率を出せる」か「格下に対して圧倒的な勝率を出せる」のどちらを「実力がある」と認識するかに置き換わる。

一見すると後者は雑魚狩りを実力と称すように見えるが、レート帯による人口差を考慮すると、後者は レートに関係なく無作為に対戦相手を選んだ時に勝率が高くなる といえる。

つまりマッチング差が頻発するレーティングは、総当たりに近い様子を示すようになる。

これを踏まえて二者を比べてみると、「レートという環境での勝率」を重く見るか「総当たりでの成績」を重く見るかという話になる。

これは正直個人の価値観に依る話ではあると思うが、敢えて優劣をつけるとしたら、レートをやってるんだから、レートでの強さで語るべきだという考えで、前者つまり格差マッチングは改善すべき、という結論に至る。

(よくよく考えればレートは同格と当たりやすいというのが一つの特長であるので当たり前とも言える。)

余談であるが、上記の置き換えを考えると、7世代でレートが高い人は、6世代よりオフなどで成績を残りしやすいのではないだろうか??

 

最後に2について考えてみる。

2では格下のびっくりポケモンが議題となっているが、高レート帯においてもびっくりポケモンが存在しないわけではない。

つまり、これは格下の軽視が論点となっており、1に近いものと見ることができる。

よって似たような議論を辿ることができるので、結論も省略する。

 

まとめ

あくまで「レート」という体裁にこだわるならレート差マッチは失くした方が良い。

そうでないなら個人の価値観次第。

 

終わりに

実は記事書き始めるときはレート差マッチはそんなに問題ないと思っていたのですが、書くにあたって考察を重ねるうちに改善した方が良いと思うようになりました。

また、1の考察書いてるあたりまでは集中できていたのですが、2の考察書く時には疲れてしまって尻切れトンボみたいな文になっちゃっていますが、どうかご容赦ください。

 

文字ばっかりの記事ですが読んでくださってありがとうございます。

また後日加筆修正を加えるかもしれません。

 

ポケモンサンムーン トレードに出せるポケモン一覧

twitterから参照するための記事です

 

孵化余り 

(特別な記載が無ければ要所4vとする)

陽気ウリムー つらら ステロ フリドラ

陽気タツベイ 竜の舞

図太いポリゴン

陽気コイキング

陽気、意地っ張りフカマル げきりん

陽気ミミッキュ

意地っ張り、臆病、穏やかヒトツキ かげうち みちづれ

冷静ヒトツキ かげうち みちづれ 要所4vs0

臆病夢ロコン ムンフォ アンコ フリドラ 催眠術

意地ニャビー

意地ガルーラ すてみ

臆病モノズ

臆病ゴース 滅び クリアスモッグ

意地カラカラ

 

 

準伝説(ほぼgts産で個体値はガバガバ)

テッカグヤ 臆病・図太い・腕白・のんき・穏やか(めざ氷もあり)・慎重・生意気・控え目・ゆうかん

カプ・レヒレ 控えめ

カプ・テテフ 臆病

カプ・ブルル 陽気

マッシブーン 意地 陽気


 

四天王周回によるレベリングについて

どうもはくたくです

この記事を書く少し前まで四天王周回をしていました

結果はこの通りです

f:id:fujisaz00:20161126103851j:plain

見ての通り三匹をまとめて100にしました

この記事の目的と結論を言ってしまうと、

あまりにも四天王周回による100Lvまでのレベリングはきついので、フェスサークルがわからないからと四天王に逃げようとしてる人は今すぐ考え改めてください

 

レベリングを開始する前のこの三匹のレベルはコケコ60、テテフ83くらい、ウツロイド55だったのですが、これらを100Lvまであげるのにおよそ9時間かかりました

途中休憩や、疲労によってボーっとしてたこともあったので、純粋なプレイ時間ではもう少し短いはずですがそれでも8時間程度はかかっていると思います

 

正直僕もフェスサークルの効率がわからないのでとりあえず四天王でやったクチなのですが、9時間もあればさすがにフェスサークルの下準備もそれなりに捗るはずなので、後々のことを考えるとフェスサークルをやるのが正解のはずです

 

ちなみに50までのレベル上げは四天王だけでも問題ないと思います

タマゴ+仲良し度+毎回戦闘に出す をすれば一周くらいでいけると思います

PC初心者による超PC初心者のためのADS導入講座

どうもはくたくです

ADSの入れ方がわからなくて困っている人を散見したので、これは書く機運だなと思って筆もといマウスとキーボードを手に取りました

説明の記事で前置きが長いと「は~~~???」ってなるので早速本題へ

 

まず、ADSで遊ぶのにダウンロードする必要があるフォルダは以下の四つがあります

1 ADS本体フォルダ

2 画像フォルダ

3 修正スクリプトフォルダ

4 追加スクリプトフォルダ

 

ダウンロードする場所は以下

1,2 https://www65.atwiki.jp/ads_wiki/pages/12.html

f:id:fujisaz00:20161031160959p:plain

 

3,4 http://ch.nicovideo.jp/FLINT/blomaga/ar544946

f:id:fujisaz00:20161031161308p:plain

ダウンロードの際にパスワードが必要なものもありますが、adsとなっているはずです

また、広告がややこしいことになってるサイトがあるので、ダウンロードボタンを間違えないようにしましょう

画像フォルダは、ダウンロードが混雑していてなかなか成功しないので、ダウンロード画面の左方に表示されている時間に合わせてダウンロードボタンを押しましょう

 

ダウンロードした本体のフォルダはわかりやすいように名前を変更しておくと良いかもしれません

ダウンロードが終わったら、これらを解凍(=すべて展開)しましょう

f:id:fujisaz00:20161031171236p:plain

解凍の際に新しく出て来る窓に沿って行って問題ありません

解凍が完了すると、同じフォルダのアイコン違いの物が出てきます

ジップロックがついてないアイコンが解凍後のものです

 

4フォルダとも解凍が終わったら、本体に残り3つのフォルダを入れます

解凍したフォルダを開いて、何回か中のフォルダを開くと、このようにデータ(?)を司るファイル群が出てきます

f:id:fujisaz00:20161031172227p:plain

どこまでフォルダを開けばいいかわからない場合は、ads本体に入ってるフォルダを見て、同じ名前のファイルが出て来るまで開きましょう

目当てのファイルが出てきたら、そいつらを掴んで本体のフォルダに放りこみましょう

f:id:fujisaz00:20161031172742p:plain

(画像では本体フォルダの名前が変わっています)

放りこむと、上書きしますか?みたいな質問が出るので、上書きするなり置換するなりしましょう

これらを3フォルダとも全て行って、3フォルダの情報が全て本体に集約されればADSの導入は完了です、お疲れ様でした

 

身内と対戦するには、Hamachiというソフトを入れて、更にネットワークの設定をしなければならないのですが、それについては気が向いたらまた記事を書くかもしれません

というのも、Hamachiにはadsと違って手動による更新がないため、入れた時の手順を覚えていなかったりします

【マスター使用構築】 ミッドレンジ(テンポ)エルフ 【17連勝】

どうもはくたくです

またシャドウバースの記事かよ、って思われそうですが懲りずに書きます

今回はマスター帯で10連勝出来たのがきっかけの執筆です

その後17連勝まで行きました

それでは構築の方へ

f:id:fujisaz00:20161009232630j:plain

汎用性とデッキパワーを一番重視してるのでテンプレっぽいですが普通のエルフと違うところは

風神3

シンシア3

ヴァルト1

でしょうか

普通はこの辺の枚数が少なめでもっとデッキ全体が軽い印象ですが、持久戦になってドロー一枚一枚にパワーが求められる機会が多かったので、比較的高コストを多めに採用しています

風神は何枚かロビンフットでやっていたこともありますが、やはり並べたフェアリーで一気に削ったりする動きが強かったので、風神3に落ち着きました

ヴァルトに関しては、エボルヴ実装後初めて見たレシピに入っていて、不自由しなかったのでそのまま使っていますが、別にヴァルトである必要はないと思います(抜いたことがないのでよくわからない)

ぶっちゃけフォレストアケロウ、なんならインペリアルマンモスやルシフェルでもいいと思います

 

ほんとにテンプレと大差ないので書くことがあんまりないですが、序盤から終盤まで隙がないデッキに仕上がって、自分では結論形の一つじゃないかと思っています(自惚れ)

試合展開的には、序盤を除去でしのぎ、中盤でエンエルやティアで一気に圧力をかけつつ、相手が処理しきれなかったフェアリーをパンプしつつ終盤へ、という感じが多かったです

それに関連してプレイングでは、次に何を引くのが一番勝ちに近くて、その場合フェアリーを場に出すべきか手札に残すべきかのような判断、

また、ここでこのサイズのエンエルを出せば相手は盤面で処理できないから進化せざるを得ないだろう、みたいな試合展開を主導する思考を結構しました

基本的にミラーと疾走ビショップしかいないので、自分の想定通りに動くことが多かったです

 

そんなわけで今回の記事は以上となります

ノシ

f:id:fujisaz00:20161011225446j:plain